物への問いーハイデガーと柳宗悦

講師(リレーション)
関連情報
24本の連続レクチャーコース「作品とは何か」の詳細はこちら 単回受講はこちらからお申し込みください
概要
柳宗悦は飛躍を試みた人だ。思想家という言葉の世界の住人でありながら、民藝という物の世界へと飛躍した。一八八九生まれの柳と同年に、マルティン・ハイデガーがいる。直接の交流はなかったものの、二人の歩みには多くの共通項が見出される。ハイデガーもまた柳と同じく、思想家でありながら物の世界を追求し、しかも日常性に立脚することを哲学的立場とした。もっとも身近なもの、日常的に体感されるものこそがリアリティといってよいのであれば、二人を物へといざなったのは、どこまでもリアルであろうとする思想家としての志向だったということができるだろう。その軌跡をたどりつつ、いまを生きる僕たちにとっての物の意義を問いたい。
日時
2022年12月17日(土)20時〜21時30分
🐵