「演劇」コース’24

 
🪧
演劇人を3年で世に送り出します。PARAで開講されるクラスの受講を通して、全員が劇作・演出・演技・スタッフワークを学びます。PARAのレジデントアーティストとの共同、定期ミーティング、演劇コース独自のカリキュラムを経て、受講生が自力で演劇を続けていけるようになります。
3年間でお好きなクラスを20クラス受講できます|クラス一覧

主任講師

演劇コースには演出家・俳優・制作者の主任講師がいます。 月2回の定期ミーティングを通して、一人ひとりに合わせたカリキュラムを組み立てていきます。
 
 

多様なクラスから、3年間で20選択可能

 
 

PARAレジデントアーティストとの共同作業

 
 

カリキュラム案

演劇をやる仲間とネットワークができ、専門技術と知識が身につき、自主的に公演を続けられるようになる3年間。
 
3年間のスケジュール例(ひとりひとりと相談して決めます)
1年目
演劇の専門クラス受講。演出・戯曲・演技・照明・歴史etc.10クラス
コース生によるリーディング公演
月2回の定期ミーティング
2年目
レジデントアーティストとの共同制作
選択クラス受講。哲学・アート・創作etc.10クラス
コース生による試演会
月2回の定期ミーティング
3年目
コース生による複数の本公演
月2回の定期ミーティング
 
以下のクラスはPARAに過去に開講したクラスです。 3期以後の開講が未確定のため、開講を保証するものではありませんが、どのようなクラスがあるかの参考にご覧ください。
 
 

ミーティング

毎月2回のミーティングを通し「演劇コース」生と共同で作品を制作・ブラッシュアップできます。またミーティングにはリクエストに応じてゲスト講師が参加します。
  • 公演、イベントの企画・実践
  • 稽古や試作の実験
  • コレクティヴや劇団の結成
  • 批評・アーカイブなどを書籍にする・勉強会開催
 
 

すべての展示・公演プログラムの鑑賞

「演劇」コースの受講者は、PARAで予定されているすべての展示・公演を鑑賞することができます。また、美学校とPARAの共有スペースを利用することができます。

近日開催予定の展示・公演

予定されている展示・公演プログラムの一覧はこちらのページをご覧ください
 
ミーティング日程 2024年度 第1クオーター(Q1:2024年4月~) 5月4日(土)→4月27日(土)、5月13日(月)、6月1日(土)、6月10日(月) 第2クオーター(Q2:2024年8月~) 8月7日(水)、8月17日(土)、9月7日(土)、 9月25日(水) 第3クオーター(Q3:2024年11月~) 11月6日(水)、11月20日(水)、12月7日(土)、12月21日(土) 第4クオーター(Q4:2025年2月~) 2月19日(水)、3月5日(水)、4月12日(土) ※水曜日20:00ー21:30、土曜日10:00ー12:00(Q1は13:00ー15:00) ※定期ミーティングの日程は暫定です。
講師川口智子、加藤仲葉、稲継美保
内容定期ミーティングへの参加 3年間で20クラスの受講 コース受講期間中にPARAで予定されているすべての展示・公演の鑑賞
価格1期生 初年度15万円 2年目25万円 3年目25万円(分割可) 2期生以後 入学金10万円 毎年25万円
 

お申し込み方法

※次期募集は2024年5月1日情報公開予定です。詳細は後日お知らせします。
メールでのお問い合わせは下記まで
para.jimbocho@gmail.com
 
※お申し込みに関する詳細はPARA WEBの「お申し込み・お支払方法」のページをご確認ください